髭脱毛のメリットや注意点をまとめました

髭脱毛で脱毛器を利用する時のセルフケア

髭脱毛のセルフケア 脱毛器を使って髭脱毛をする際、セルフケアに注意しなければいけないポイントがあります。
まず髭を短く剃っておくことです。家庭で使用する脱毛器と言えば光やレーザーを照射するタイプが一般的ですが、これらの機器を用いる場合、毛が伸びている状態ですと上手く照射ができなくなってしまいます。余計な部分にも光が当たるようになりますので、毛根への効果が弱くなる可能性があるのです。
さらには肌へのダメージも大きくなりやすいため、事前にシェーバーで剃っておく必要があります。照射をする際には同じ個所に当てないようにすることも大切です。照射をした後は肌のバリア機能が弱くなっている状態ですが、その上で重ねて照射をすることで大きな負担になってしまう恐れがあります。
肌荒れの原因になりますから無理なやり方は厳禁です。作業後のアフターケアをきちんと行うことも欠かせません。前述したようにバリア機能が弱まった状態のため、保湿をして肌を保護することが大切です。

髭脱毛をしたあとは肌が荒れないように注意

髭脱毛をしたあとは肌が荒れないように注意 髭脱毛をすると毛穴が炎症を起こしてしまうので、よく冷やして肌荒れを予防します。サロンやクリニックではアフターケアとしてクーリング効果のあるローションやジェルを塗ることが多いです。
肌荒れしてしまうと毛嚢炎になるなど、髭が生えているより見た目が悪くなります。基本的に脱毛後は温めるのを避けるために、サウナや長風呂をしないようにします。お酒も体の血行を良くするため炎症が落ち着くまでは禁酒です。保湿をきちんと行うと、外部からの刺激に強くなります。サロンやクリニックで保湿用クリームや軟膏をもらえることもあります。
さらに日焼けにも注意が必要です。ダメージを受けている肌は紫外線の影響も受けやすいため、脱毛後に日焼けするとシミができやすくなります。シミがある場所には光やレーザーを照射できないため、その部分の髭は処理できなくなります。
日焼けも火傷と同じ状態をもたらすので、外出する時はマスクや日焼け止めが必須です。